Profile

村松 貞治 (むらまつ さだはる)

 

愛知県岡崎市出身。オーストラリア、シドニー在住。
1997年、単身渡英。その後、ヨーロッパ各地、オーストラリア等で
研鑽を積む。
英国王立北音楽院(Royal Northern College of Music)指揮科、
シドニー音楽院(Sydney Conservatorium of Music)指揮科卒業。

2001年、アイシス指揮者コンクール(英国ケンブリッジ)優勝。
2005年、才能ある若手指揮者に贈られるモーティマー・ファーバー
指揮者賞を英国マンチェスターにて受賞。
2007年、第2回バルトークオペラ国際指揮者コンクール(ルーマニア)
セミファイナリスト。
同年、エメリッヒ・カールマン国際指揮者コンクール(ハンガリー・
ブダペストオペレッタ劇場)ファイナリストおよび審査員特別賞受賞。
2008~2010年、文化庁の新進芸術家海外研修制度の研修生として
シドニー音楽院にて研修。
2010~2011年、イースタン・シドニー合唱団指揮者。
2011年、英国アングリア・ラスキン大学より名誉音楽博士号を授与される。
2013~2015年、ウィロビー・シンフォニー合唱団指揮者。
日本では近年、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団などを指揮。

現在、シドニーにてストラスフィールド交響楽団音楽監督。クーリンガイフィルハーモニック交響楽団客演指揮者。エクセルシア・カレッジ(前ウェズリー・インスティテュート)講師・指揮者。スズキ・チェロ・アンサンブル指揮者。シドニーさくら合唱団音楽監督。
指揮をイムレ・パロ、クルト・マズア、サー(Sir)マーク・エルダーCBE、三澤洋史、澤和樹の各氏に師事。